11/26(土)地域課題を解決するイノベーターコースの紹介をいたします #まつもと市民大学

Category : イベント スタートアップ まつもと市民大学 ワークショップ

%e3%82%a4%e3%83%8e%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%b9-001

地域の課題とは?

私たちの周りには「こうしたらもっと暮らしやすいのに…」「こんなサービスがあったら便利なのに…」「行政サービスでこんなことしてくれたらあの人が助かるのに…」という問題がたくさんあります。
しかし、それを思っているだけでは何も変わりません。

では、そのような課題に取り組むならもしかしたらビジネスになるかもしれないし、そのような活動が地域の雇用や福祉、暮らしやすさにつながると思いませんか?

地域はそんな課題に取り組むイノベーターを必要としています。本コースは社会課題や地域に根ざした課題をビジネスモデルにして持続可能な事業を作ることを目指しています。

【まつもと市民大学DAY3】地域課題を解決するイノベーターコース

 

イノベーターとは?

そもそもイノベーターというのはどんな人なのでしょうか?

イノベーターとは、マーケティング用語で、新たに現れた商品やサービス、ライフスタイルなどを、最も早い段階で受け入れる層のことです。

 

5

 

イノベーターは全体が100人とすると2.5人という割合でいるとされ、誰もまだ見向きもしないことに対して関心を持ち、アクションを起こせる人です。つまり感じている課題について何とかできないか?と考えて少しづつ動き出すあなたはその分野のイノベーターだと言えます。

地域の小さな課題に向き合える人材が増えれば、まつもとは非常に面白くて、豊かに生活できる地域になると思います。あなたもそんな地域を作る人になりませんか?

本コースで各分野で活躍されているエキスパートと直接話を聞き、同じ目的や価値観を持った仲間と出会えるこの機会をイノベーターとして地域で活躍するための一つのチャンスとしていただければと思います。

 

ゲストスピーカー紹介

ゲスト① 株式会社ゼロワンブースター 合田ジョージさん

img_0815

 

「1000億企業を100個創造する」

 

壮大な目標を掲げる事業創造アクセラレーター01Boosterの合田ジョージ氏。大企業×ベンチャーや地方×ベンチャーなどのあたらしい視点で解決し新しい価値を生み出すなど、イノベーターを生み出す仕組み作りを全国で展開しておられます。各地域でのスタートアッププログラム等で登壇、審査員、企画支援をしておられます。

以前長野市でもCREEKSさんと長野発で大きな事業を構想しよう!ビジネスプランのブラッシュアップワークショップ「Startup Dojo NAGANO」を開催されていましたね。

 

合田さんはある記事で「ローカルベンチャーがイノベーションを起こすために必要な3つのこと」(引用:MACHILOG)を書かれています。

1. 連携する
2. ビジネスモデルを大きく設定しよう
3. 「相手は地域を理解していない」と理解する

「まずは行動!今の社会は、めちゃめちゃやりやすい。その環境が整っているので、ぜひやるべきだと思います。」

前向きでスケールの大きい合田さんの話しを聞いてみたくなりますね!

 

ゲスト② 株式会社HUB Tokyo 槌屋詩野さん

shino-profile-thumb

 

「現状を疑い、アクションを起こし、社会にインパクトを与える」

社会的にインパクトを生み出そうとする起業家やチェンジメーカーのコミュニティ「Impact HUB」。イギリス・ロンドン発の本コミュニティは現在は世界86ヵ所(2016年11月現在)に存在、のべ1万5,000人を超えるネットワークとなっています。槌屋詩野さんは東京でImpact HUB Tokyoというコワーキングスペース&シェアオフィスを2013年2月に開設されました。コンセプトは「社会的にインパクトを与えること」。

 

槌屋詩野さんは2014年8月23日、Knower(s)で「一歩踏み出す出すための、マインドセットチェンジ! 女性起業家のケーススタディとコミュニティ」と題してセミナー&ワークショップを実施したことがあります。

 

以下参加していただいた方のレポート記事です。

http://www.takakoba.com/archives/133

 

槌屋詩野さんは現在、一般社団法人Open Impact Systemsで「システム思考」を利用した新しいイノベーションプラットフォームの構築を目指して活動を加速させておられます。目指すのは「ソーシャルビジネスの採算性が上がり、助成金などに頼らない、自律的で持続可能なモデルの実現」

社会課題を新たな切り口で解決を目指すイノベーターである槌屋詩野さんのお話しはあなたの価値観を変えるかもしれません。

 

槌屋詩野​さんのおすすめインタビュー記事

社会を変えるには「山の中腹にある山小屋」が必要? コミュニティの価値がわかる起業家は“現状を疑い行動する”

あなたのコミュニティ、本当に「We」で語れますか? お金以上の価値ある場づくりに不可欠な3本の矢

起業家が必ず直面する厳しい現実と、燃え尽きを防ぐための4つの方法

 

ゲスト③ スターブランド株式会社 村尾隆介さん

r_2685

 

“価格”ではなく、“価値”で選ばれること。

 


小さな会社のブランド戦略を行うスターブランド株式会社のフロントマン村尾 隆介さん。すでに多くの本を出版しておられます。

 

村尾隆介さんは昨年のまつもと市民大学にもご登壇いただき、大変好評だったため本年も交渉をしてのご来松となります。

「”ブランド”とは何かを知り、適切な”ブランド戦略”をとることで、どんなに小さな会社でも、”ブランド会社”になることができる」と村尾隆介さんは全国を精力的に回られています。

特に最近の活動では山形県朝日町ブランド化推進プロデューサーに就任。「日本一カッコいい田舎町」を目指して町全体を巻き込んだブランディング戦略に取り組んでいます。

あさひまちブランディングプロジェクト

 

また各地域のマラソン大会の企画を行い、地域に人が集まるサポートをしています。

 

印西スマイルマラソン

 

あさひまちミートマラソン

15553

(引用:あさひまちホームページより)

 

毎日全国で飛び回っている村尾隆介さんの話しは非常に貴重ですし、ポジティブでアクティブな活動から地域課題も楽しみながら取り組むモチベーションを学べるはずです!

 

コミュニティをつなぐコネクターコース概要

タイムスケジュール

<1コマ目>
9:00〜12:00
講演&ワークショップ:合田ジョージさん(株式会社ゼロワンブースター 共同代表 取締役)
ー12:00〜13:00|昼食ー

<2コマ目>
13:00〜16:00
講演&ワークショップ:槌屋詩野さん(株式会社HUB Tokyo 代表取締役社長)
ー16:00〜17:00|夕食ー

<3コマ目>
17:00〜20:00
講演&ワークショップ:村尾隆介さん(スターブランド株式会社 共同経営者)

<まとめのワークショップ>
20:00〜21:00
 

イベント概要

・日 時|11月26日(土)9:00〜21:00
・定 員|20名
・参加費|3講座参加:6,000円  
・場 所|コワーキングスペースKnower(s)
・申込み|https://knowers.doorkeeper.jp/events/52863

 

【まつもと市民大学DAY3】地域課題を解決するイノベーターコース

 

パンフレットはこちら

omote_ol

ura_ol

B!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page Top

What’s Knower(s)?

Social Hub Space

Today’s Event

check daily events